東京に只見町が…!「おいでよ!南会津フェア」

今日は東京からお送りします!
JR日暮里駅の西口を出て
まっすぐ5分ほど進むと…
見えてくるのはレトロな商店街♪
「谷中銀座」と申します。

今日、明日とこの谷中銀座の入り口で
「おいでよ!南会津フェア」を開催中!

南会津各町村の特産品・野菜・お酒ご用意しています♪

イワナの塩焼き・くじら汁なんかもご用意~!
明日は8:00~17:00まで!
皆様のおこしを心よりお待ちしています!

今日は午前中は曇りだったのに、お昼からすごい雨!写真は晴れてるときのものです。
明日は晴れて~(;_;)
谷中銀座


6月26日(日)浅草岳山開きの様子

6月26日(日)浅草岳山開きを開催しました。
参加者は200名。
天気予報では上空に寒気がきていたため、前日の夕方から冷たい雨が降りましたが、当日は小雨まじりの曇り。山頂周辺はガスに覆われ風も少し強めでしたが、無事開催できました。
今回、参加していただいた方々は事前によく準備されている方がほとんどで、最終下山予定時刻の16時30分よりまえに全員、安全に下山することができました。また、登山口や途中で、天候や体調を考慮して断念された方もいて、勇気ある判断に頭の下がる思いでした。結果的に大雨は降らなかったけど、雨雲レーダーでは少し北の三条あたりに雨が降っていたそうです。
今後7月下旬に向けて、梅雨前線が只見町付近にかかり、大雨が降りやすくなりますので、万全の準備で登ってください。

只見四名山といわれる要害山、蒲生岳、会津朝日岳、浅草岳について、山仕舞いになる秋まで1つの事故もなく、素敵な山の思い出を重ねていただけるように、心から願っています。山開きにご理解とご協力を頂き、ありがとうございました。aki

DSC_0006_19209.jpg

DSC_0015_19218.jpg

DSC_0030_19233.jpg

DSC_0052_19255.jpg

DSC_0059_19262.jpg

DSC_0093_19296.jpg

DSC_0095_19298.jpg

DSC_0117_19320.jpg

DSC_0122_19325.jpg

DSC_0130_19333.jpg

DSC_0145_19348.jpg

DSC_0150_19353.jpg

DSC_0161_19364.jpg

DSC_0171_19374.jpg

DSC_0179_19382.jpg

6月21日 田子倉湖モーターボートプラン

モーターボートに乗って、田子倉の風になろう!
と言うことで、モーターボートプランを観光協会スタッフで体験してまいりした!!
運転手の方のガイドにより田子倉湖の歴史や、景色、田子倉に流れ込む数ある沢の入り口に案内していただけます。


び

ぎょぎょ
今年は雪があまり降らなかったので、湖水量がとても少ないです。
例年ですとボート乗り場まで降りる階段のすぐ下に桟橋があるのですが、さらに低い位置に水面が下がっていました。


わ
運転、そしてガイドをしていただく目黒さんです。
ボートに乗る前に、田子倉の自然の見所や、乗る際の注意点など丁寧に教えていただきました。


じゃ
田子倉ダムを間近にみると、凄い迫力です!


じゅ
田子倉ダムになる前にあった山間部の町並みや、当時そこに暮らしていた方々の歴史も教えていただきました。
モーターボートに乗っている事で、当時の方と同じ目線で景色を感じる事が出来るのは、とても貴重な経験でした!
浅草岳、蒲生岳、朝日岳を一度に見渡せるポイントも紹介していただきました!!


だ
最初のコースは国道252号線からも見れる『アイヨシの滝』の最終地点になる沢を見るコースです。


ざざ

びゃ
次のコースは、少しスリルあるコースでした!!小さな滝の横をよじ登ってから見下ろす景色は絶景です!!


ざ
最後のコースは滝のふもとまで近付けるマイナスイオンスポットに連れて行っていただきました。
ここは滝に着くまでに渓流を渡りながら少し進むのですが、そこの景色がとても綺麗でした!!


じ
ガイドの目黒さんは花や木、野鳥にも詳しくダムに戻る間にも色々勉強させていただきました。

まだまだ沢山の絶景スポットはあるのですが、参加して頂く皆様のご要望にお応え出来るような場所を選んでガイドしてもらえます。
風や、自然の香り、景色、余すところ無く田子倉を満喫出来るプランになっていると思いますので、是非、ご参加ください!!!

柏木

6月26日(日)浅草岳山開きと天気

只見町の天気予報について、私たちは会津若松よりも新潟県中越地方(長岡)を参考にしています。
気象庁の予報では、曇り一時雨になっています。
http://www.jma.go.jp/jp/yoho/323.html

上空に日本海側から寒気が流れ込むようで、場合によって雷雨や突風があるかもしれません。
最高気温は低めです

この時期はすでに梅雨入りしていて、毎年、天候が不安定のため、中止の判断は当日の朝5時におこないます。
いまのところは、開催できる天候だと思って準備しています。
今後、注意報や警報が発令されたり、あきらかに大雨や強風などで登山の危険を感じた場合は中止いたします。
中止の場合は、只見駅前で神事を5時45分くらいにおこなう予定です。バッジも駅前で配布します。

少しの雨では中止いたしません。
ただ、雨天での登山が得意な人も苦手な方もいると思うので、最終判断はそれぞれおこなってください。
雨だと岩場が滑りやす、山頂草原が吹きさらしになります。なにしろコースが長いので、長時間濡れていることになります。

私たちは、明日の天気が回復して、雲間から会越の山並みが見渡せることを願っています。AKI

6月26日(日)浅草岳山開きを開催します

6月26日(日)浅草岳山開きを開催します。
登山コースは、只見沢登山口から登って、入叶津登山口へ下るロングコースで、目安として9時間くらいかかります。

当日の集合は、只見駅前広場に5時30分です。
5時30分から受付を開始するので、一列に並んでください。入山カードをお渡しした順に、バスの乗車してください。
5台の大型バスが順番に発車して、最終バスは5時50分発車です。
それ以降の送車はありません。

開山式は只見沢登山口にて、6時10分から神事、主催あいさつ、登山上の注意などをおこない、6時30分終了です。
お神酒や小女子などをお配りして登山スタート。
記念バjッジは、登山口にて6時から入山カードとお引き替えします。多めにご用意していますので、慌てないで大丈夫です。

只見沢登山口から山頂までに、特に危険な場所はありません。鬼が面眺めを過ぎて、登山道上のブナの立木に割れが入っているのでピンクのテープを巻いています。
山頂周辺は雪渓が消えて草原になっています。避難小屋跡まで登山道がでていて、わずかに雪渓を横切りますが、小三本沢を渡るところから木道がでているので迷うことはないと思います。雪渓を下らないと覚えておけば大丈夫です。
入叶津登山口までは例年どおりです。

下山したら、タクシーとジャンボタクシーが只見駅まで巡回しますので、お一人600円で乗り合わせてください。
お待ちいただいているあいだ、冷し甘酒のふるまいをいたします。

只見町も梅雨入りをいたしました。荒天の場合は山開きを中止いたしますが、決定は当日5時といたします。
中止の場合は、バスなどの送迎も中止いたします。記念バッジはお配りしますので、お声がけください。

そしてみなさんにご協力のお願いがあります。
会津朝日岳の山開きのときに、駐車場で寝泊まりした方が騒いでしまい、苦情がいくつかありました。
駐車場は駅前の住宅街にありますので、キャンプ場とバンガローのある「青少年旅行村いこいの森」をご利用いただくようにお願いしています。
そうしてできれば、町内の民宿や旅館、ホテルにお泊りになって、ゆったりと体調を整えて参加してほしいです。
観光協会にお電話いただければ、お宿のご紹介をしてます。

どうぞご理解とご協力をお願いいたします。aki

DSC_0006_18912.jpg

DSC_0014_18920.jpg

DSC_0016_18922.jpg

DSC_0025_18931.jpg

DSC_0030_18936.jpg

DSC_0054_18960.jpg

DSC_0083_18988.jpg

DSC_0103_19008.jpg

DSC_0107_19012.jpg

DSC_0113_19018.jpg

DSC_0123_19028.jpg

DSC_0127_19032.jpg

DSC_0152_19056.jpg

DSC_0161_19065.jpg

DSC_0185_19088.jpg

DSC_0189_19092.jpg

DSC_0219_19122.jpg

DSC_0232_19135.jpg

DSC_0236_19139.jpg

DSC_0239_19142.jpg

DSC_0266_19168.jpg

DSC_0268_19170.jpg

DSC_0281_19183.jpg

DSC_0284_19186.jpg

DSC_0290_19192.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード